情報誌「地域人」 第34号

2018年6月10日発売

「地域人」は、地域の活性化を担う"地域人"が主役です。
政府方針である地域創生政策は、将来にわたって「活力ある日本社会」を形成していくために、地域資源を利用した多様な地域社会の形成を目指しています。そのためには、首都圏地域を含めた他地域との積極的な人的交流、情報交換などの連携を推進していくことが求められます。「地域人」は地域で活躍する多くの人々から得た、前向きで積極的な"生"の情報を新鮮なまま毎月お手元にお伝えします。また、さまざまな取り組みや先進事例を解説、論説を加え紹介していきます。ビジネスや生活に役立つことはもちろん、地域創生のテキストとしても活用していただけるような情報提供を目指します。

  • faebook
  • twitter

第34号の注目記事

巻頭インタビュー

宮崎学

写真家

自然に対して、みんな甘い。日本の社会も人も家畜化している――。 自然と人間をテーマにする「自然界の報道写真家」であり、「森の探偵」でもある宮崎さんに森を案内していただき、森と動物たちの変化にどう対応すべきかを考える。

立ち読み

特集

森林は生きているか?

森林が国土の7割弱を占める”森林大国日本”。だが、木材需要の減少、低価格外材の流入などで、国内の森は荒れ、中山間地域の住民は減少している。一方、森林は水源・防災・生物多様性の維持など、まちや都市を支える役割も果たしている。 この森林資源の活用に向けて、企業や自治体、個人やNPO法人も積極的に関与をはじめた。森林と林業と中山間地域の暮らしを、いかにして甦らせるのか。そのヒントを探る。

立ち読み

インタビュー

今この人に聞く!

西村勝志若林良和

愛媛大学 社会共創学部 学部長 / 愛媛大学 社会共創学部 副学部長

2016年、愛媛大学の社会共創学部がスタートした。地域の人たちと協働しながら課題を解決し、社会を創り上げていく〝共創〞という考えのもとに立ち上げられた。理系・文系の両方から学べるカリキュラムが特色で、インターンシップなど豊富な実践プログラムがあり、地域創生の切り札となる人材の育成に努めている。西村勝志学部長、若林良和副学長に地域系大学学部の現在を聞いた。

立ち読み

豪華 連載陣

  • 養老孟司

  • 清成忠男

  • 清水愼一

  • 河合雅司

  • 菅野芳秀

  • 小峰隆夫

  • 島薗進

  • 二宮清純

  • 古田尚也

  • 森枝卓士

  • 涌井雅之

  • 金子順一

  • 渋谷和宏

  • 浦崎太郎

  • 森まゆみ

more

もくじ

巻頭言

養老孟司

森を消す

解剖学者、大正大学客員教授

巻頭インタビュー

宮崎 学
写真家

自然に対して、みんな甘い。
日本の社会も人も家畜化している

聞き手 渡邊直樹 本誌編集長

特集

森林は生きているか

寄稿
都市住民こそ森林の保全を真剣に考えるべきだ

涌井雅之造園家・ランドスケープアーキテクト

P A R T . 1
今、森林はどうなっている?

住友林業の取り組み

木を植え、森を育み、木を活用し続ける「 保続林業」の先駆者

林業の新しいカタチ「自伐型」の可能性

森林で働く人を増やしたい!自伐型林業が地域を活性化し蘇らせる

P A R T . 2
地域に根ざした森づくり

岡山県西粟倉村の林業再生の取り組み

"森林"を子や孫の世代まで守る"百年の森林構想"のこれから

世界遺産の白神山地は今

スギ人工林を天然森林へ再生を進める「白神山地」

岐阜県立森林文化アカデミーの取り組み

専門人材の育成を通じ森林業の未来を開く

地域に根ざした森林づくり

富と雇用を支える伊那市の森林50年構想

白鳥 孝  伊那市長

オフィス家具メーカーが自治体やNPOと連携

国産の木材を使った商品を開発し森林と水源を守る取り組み

P A R T . 3
森のプロダクト

木を使ったモノづくり事例

伝統とアイデアで 森に新しい価値を見出す

コラム

1 森の見つけ方
2 まちでの森の見つけ方

三浦 豊 森の案内人、庭師

インタビュー

KEY PERSON 今、この人に聞く!

5年、10年、15年先に地域を牽引していくリーダー育成を重視

西村勝志愛媛大学 社会共創学部 学部長
若林良和愛媛大学副学長・社会共創学部 副学部長

連載

雇用問題を考える

人生100年時代の高齢者の定義

金子順一

人間と自然資源

空海も歩いた遍路道で平安時代にタイムスリップ
阿南(四国遍路)

古田尚也

日本版DMO(地域観光づくりプラットフォーム)
推進研究会 誌上セミナー

辻野啓一特定非営利活動法人 日本エコツーリズ協会 理事・事務局長

高校連携で始まる人材循環

矢掛町での取り組み(岡山県)

浦崎太郎

地域興論

地方自治の新制度を考えよ

河合雅司

「食」から始まる地方再生

上澤梅太郎商店
栃木県日光市

森枝卓士

スポーツとまちおこし

徳島県阿南市は野球を軸に地域を活性化する

二宮清純

暮らすように町に泊まる

残してくれたことに感謝、活かしてくれてありがとう
静岡県伊豆

森まゆみ

人口減少下の地域を考える

労働力、社会保障で深刻な影響が現れる2025年問題(下)

小峰隆夫

随想

歴史的に伝承される祭り
それは町衆の 「 克災」精神の可視化である

涌井雅之

十人十心

医者もいろいろ

野田文隆

おきたま通信「百姓の独り言」

一寸法師・桃太郎症候群

菅野芳秀

ふるさとと神仏のゆくえ

埋め立ててきた罪深さを背負いなおす

島薗 進

chiikijin square(地域人スクエア)

ニュース、イベント、映画、書評 etc.

直言! 今月の地域構想

大学の構造調整

清成忠男 (大正大学地域構想研究所所長)

啐啄

規範なき時代をどう生きるか

柏木正博 (本誌編集・発行人)

コアコア新聞

連載小説

「馬鹿者」を命ず! 第二十七回

渋谷和宏

次号予告/編集後記

地域人の購入方法

全国の書店、およびネット書店でお買い求めいただけます。 Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

書店で見つからない・在庫切れの場合は、
下記のリンクより申込用紙をダウンロードし、FAXにてお申込みください。 申込用紙をダウンロード

書店でご注文頂く場合は、下記項目を書店にお知らせくださいませ。

  • 書籍名:地域人
  • 出版社:大正大学出版会
  • ISBNコード:ISBN978-4-909099-19-8
  • 価格:1,000円

定期購読につきましては、『地域人』巻末に綴じ込みの払込用紙をご利用ください。

バックナンバー